不正クリック対策 Google Yahoo

自社ホームページなど、検索サイトで広告を出している方も多いと思われるが、これが実はやっかい。

不正クリック(一般ユーザーではなく、悪意を持った同業他社やそこから依頼を受けた代行業者)。

いや、知らなくてもいい。気にしないというなら、それもいいだろう。(お金もちですな~( ̄-  ̄ )

弊社も、そんな数はないんだろう、ほっとけ・・・でいたのだが・・3月のある日、不動産事業部の広告結果を見て愕然。

1日予算8000円で設定していたのだが、クリック結果(予算消化)が2万円(3倍近く)を超えている。

広告表示回数よりクリック数のほうが多い。えっ、ありえない。どうやってそんなクリックが可能なのか???

????、なんのために1日予算設定があるのか??何が起こった?わけわからずグーグルさんに問い合わせ。ヤフーさんでも同様の結果が起きていた。

この時、はじめてそういった不正クリックが横行していること。また、そういうことを専門に代行している業者がいることを知りました。

(`Д´メ)グリグリ、グーグルとヤフーの担当者とやりあった。(メールと電話にて)

どうも、向こうは完全なる不正クリック対策システムがあるので大丈夫。不正課金はされていません。の一点張り。

しかし、よくよく調べてみると、クリック型広告の世界は3割くらいが不正クリックだと・・・

ははぁ~ん・・・こりゃ、ガリガリ言ってもムダだな。

つまり、GoogleもYahooにしても広告で食ってる。この不正だろうがなんだろうが、クリックされて課金してしまえばそれが売上。

ということは本格的(完全無欠)な対策をうてば、両社とも瞬間的に売上が3割落ちる。ということを意味する。そりゃできないわな・・・

私はなにも悪意がない。ただひとつ。せっかくかけた広告費用。それで最大限の効果が欲しいだけ。無駄なことはしたくない。

たぶん、これはどの広告主も同じだろう。

仕方なく、アクセス解析を専門とする業者に依頼。不正クリックで課金されたと思われるIP、PCなどを抽出してデータ化。広告代の返金請求をおこなっております。

いまのところグーグルさんはかなりの不正クリック課金が発見されたので、○万円返金しますとの返答があった。ヤフーさんはまだ調査中。

一つ、グーグルは不正クリック対策として、指定したIPからの検索で広告を非表示にできる機能がある。ヤフーさんはその機能を持っていない。

ちょっとグーグルさんのリードですかね。

私はなんの他意もない。すべて事実を公開。なんのためかというと、純粋に広告費の費用対効果を上げたい。ただそれだけです。

検索サイトさん、本気で対策をお願いしますよ。がんばって。

バイク便のタイムボックス
受付・問合せ24時間0120-307-814又は03-3491-5588へ
バイク便社長ブログ
バイク便配車係ブログ
創業20周年キャンペーン!
タイムボックス応援サイト
バイク便ツイッター

(Comments are closed)