異業種参入

最近のニュースで気になったものが二つ。

一つはUSENの飲食店向け予約台帳サービスを始めたというもの。

もう一つはグーグルの自動運転車の開発。

異業種とはもともとそういうことはやっていなかった事業のこと。

上記2つの話はおどろきだ。なんでそっち行くのか?・・・でもそういう時代。

一昔前は主業副業なんて言い方をして、安易に他に手を出すと失敗する。とよく言ったものだが、今は自社や己のチャレンジ。

可能性を限定しない、前向きな姿勢とプラスにとられる。

また、業界の垣根を越えて、連係したり、グループ化したり、そういう取組がイノベーションには不可欠であることがだんだんわかってきたのだろう。

いろんな意味で「おもしろい」ことをしないと誰も評価してくれない。そういう時代。

ちなみに、漢字変換をさっき間違えたのも、あながち的外れではないと思う。殻を破るという意味では。

偉業種参入→→異業種参入

勇気をもって異業に挑戦することは偉業ということですな。

(Comments are closed)