介護

嫁のお母さんが脳出血により倒れたのだが、2か月治療して帰ってきた。

退院おめでとう。なのだが、どうも記憶の一部が無くなってしまい、日常生活も少し不安だと・・・。

看護介護で実家に行かざるを得ない状況にブツブツ・・・。

嫁の友人に痴呆症の親の介護で大変な人がおり、その人いわく、何かをお世話しても感謝されないのがつらいとか・・・に共感していた嫁。

きれいごと!。との批判を恐れず私はこう言った。「君が赤ちゃんの時、君の親は君の世話をしてくれた。その時君はお礼を言ったかね?」と。

何も覚えていなくとも、感謝されなくとも、親は親、子は子。よいではないか、生きているだけ。と。

映画の「パコと魔法の絵本」を思い出してしまった。

人間は何か良いことをしたら、褒めてもらいたい。憶えていてもらいたいもの。

しかし、親はそんなことを考えて子供の世話をしない。無償の愛だ。何十年もたつと、そういうこと忘れるよね。

大漁旗 本日大漁!

(Comments are closed)