少しずつきてますねAI(エーアイ)

人工知能(エーアイ)だが、少しずつきていますね。

将棋の羽生名人と対戦するとか。もう囲碁ではコンピュータが勝利したりしている。

その他、バイクを運転するロボットがプロレーサーと対戦するとかニュースになっていた。

ドローンや車の自動運転。

こりゃ、バイク便もうかうかしていられない?

まー頭脳だけなら追いつけ追い越せかもしれない。

でも、どうでしょう。

直観的なんだけど、僕が生きている間は、、、ないだろうな。と考えます。

自動運転もドローンも事故のリスクをどうするか?が最大のネック。

機械は謝れない、償えない。

そんなものは保険で。と言うかもしれないが、問題はお金だけではないと思います。

なら「心」を持たせよう。とロボット工学学者はシャカリキニなるんだろう。

でも、突き詰めたら人間はいらなくなる?

それは本末転倒。人間のためにロボットはあるのでは?となりそう。

つまり、どこかで、やはり機械・ロボットは人間にとって、補完的に機能するところまで。と線引きをしそうな気がします。

何のグランドデザインなしに、ただ追求している科学はちょっと恐ろしい。そう思うのは僕だけでしょうか。

(Comments are closed)