再配達率について

宅配便の再配達率が20%前後もあるというニュース。

バイク便はというと1%にも満たない。ほぼ配達できます。この違いはなんでしょうか。

それは必要性緊急性にあります。そのお荷物が送り手と受け取り手にとって大変重要であり、いつでもいい、なんてものを運んだことがありません。

宅配便さんで、日用品や消耗品などと、そうでないものの区別を考えるとか検討する必要があるでしょう。

お客様の了解をもらっておいてドア前置きも選択肢ですよね。

よくある送料無料。という表現もやめたほうがいい。無料のわけがない。誰かが負担しているわけで、勘違いが生じる。

あと、スマートロック(スマホが鍵となり、ドアの開閉が可能となるシステム)の実証実験にタイムボックスも参加しました(去年)。

いくら、許可を得ているとはいえ、不在の他人の家のドアを開けて、お荷物を置いてくるのは気持ちが悪い。

現実的に一般化するとは、ちょっと思いませんでした。

お客様のGPSアプリに連動させて、在宅かどうか?を判別して、配達の可否を事前に知る。というアイデアも出ましたが、これは家を空けていることを公開することにつながり、お客様にとっては気持ちが悪い。

どれもこれも帯に短し襷に長しというところでしょうか。

みんなより良いサービスを受けたいと考えますが、より良いサービスとはお金がかかっています。ということですよね。

バイク便のタイムボックス
受付・問合せ24時間0120-307-814
バイク便社長ブログ
バイク便配車係ブログ
創業30周年キャンペーン!
タイムボックス応援サイト
カーゴ便軽貨物運送
バイク便ツイッター

(Comments are closed)