お客様の立場にたてば

いやーしかし昨日はいそがしかった。

月末の金曜日ということもあり、どこも同じでしょうが、大変でした。

お客様にはご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

バイク便は普通、配送距離に応じて代金をいただいております。これはお荷物を運ぶ距離ということですが、はたしてそれでいいのだろうか?

ということをいつも考えております。

というのは、受注件数などは、通常日と繁忙期では1.5倍に変化します。しかしながら、配送員が1.5倍になることはありません。

ですので、おのずと時間がかかり、いつものサービスレベルが維持できなくなる。

結果にコミットする。という流行りの考え方でいえば、そういう時は価格を下げるべきではないのか?

結果に対して何かしらの決め事があっても良いのでは?

もちろん、この場合は値段を下げる、ということになります。

ホテルなどは空き部屋がすくなくなると1部屋あたりの単価が上がります。サービス価格が変動することを前提にすれば、このように逆の発想もあります。

そのときの状況によって、1部屋・1人の配送員(もちろん高いサービス提供ができれば)の価値が変わる。

どこも、そういうことはしていませんが、検討の余地ありと思っています。

バイク便のタイムボックス
受付・問合せ24時間0120-307-814
バイク便社長ブログ
バイク便配車係ブログ
創業30周年キャンペーン!
タイムボックス応援サイト
カーゴ便軽貨物運送
バイク便ツイッター

(Comments are closed)