バイク便も機械に頼りすぎると・・・

現在、バイク便はナビゲーションがあるので道に迷うことはなくなり、誰でも仕事ができるようになっています。運転さえできれば。

しかし、その機械が使えなくなったら・・・

先日弊社バイク便ライダーさんが雨でスマホが壊れ、ナビが使えなくなった。本人から電話があり、右も左もわかりません。もう配送できませんと(´・ω・`)

じゃ、仕方ない事務所に戻って!と伝えたら、会社にも戻れませんと・・(´・ω・`)えっ!

いやー、これにはまいった。普段ナビに頼りっきりになっているので、道を覚えようとしていない。

これ、わりと最近配送始めた方に多いです。

逆にナビのない時代から配送している人はこういうことは一切ないです。

自分で地図を見て、道に迷い試行錯誤してきている人は勘が働くし、本能的に方角がわかる。また町名番地とそこの風景が頭に入っている。

これって・・すべての仕事に共通しているなーと。

よく「職人」という表現があるが、誰でも使える機械を身にまとい、いくら仕事をしても誰もかれも同じ結果しか出せないわけで。

職人の熟練した技術とはかけ離れている。まーバイク便はスピードを要求される商売だから迷わないにこしたことはないのだが。

自分も、もしこの機械がなかったとしたら・・。機械が便利すぎて知恵と工夫と本能が退化する。そういう危機感持って仕事をせにゃーいかんと思います。

バイク便配送員の研修には紙地図を併用するようマニュアル変更しました(^-^)

バイク便のタイムボックス
受付・問合せ24時間0120-307-814
社長ブログ
配車係ブログ
バイク便求人情報
タイムボックス応援サイト
カーゴ便軽貨物運送
ツイッター

(Comments are closed)