不動産は今買いか?

税制大綱が発表された。

消費税が増税するにあたり、様々な緩衝材的税制緩和が織り込まれている。

ここで、不動産やら車やら大型の買い物をいつするのがお得なのだろうか?という素人なら誰しも悩むところだろう。

私ももちろんど素人だから、弊社関連会社不動産事業部のアリーナ加藤君にプロとして調べ上げ、いつが買いか?ブログに書きなさいと指示したところです。

指示して3日。まだ本人も悩んでいる。

問題は確定要素と不確定要素。

たとえば車などは本体価格はほとんど変わらないわけだから、不確定要素がほとんどない。プラス税制とマイナス税制で計算すれば簡単に数値は出る。

対称的に不動産は株価や為替のように価格が流動的。ちょっとした税制の変更など、吹き飛ぶほどの変化をすることがある。

日経平均株価はここ3ヶ月で15%以上(異常)も上昇している。もし、日経平均株価に消費税がかかっていたとして、5%程度の税制の上下よりも、株価本体が安いときに買うのがお得なことは明確だろう。

まー安部さんのインフレ政策がうまくいくことを前提とすれば、やはり不動産は価格の安い今が買い。でいいのではないだろうか。

不動産の購入は仲介手数料無料+50%キャッシュバック』か『0.8%』の不動産会社アリーナコーポレーション株式会社に!

(Comments are closed)