メニュー偽装

私も帰省の時に何度か利用したことがあるザ・リッツ・カールトン大阪でもメニュー偽装があったということ。

大変ショックである。

しかし・・・たとえば回転すしでエンガワならヒラメのエンガワではないし、サーモンはマスのことが多い。でもそれは納得していること。

そんな100円200円で本物はあるまい。という感覚はみな理解しているだろう。

問題は高級(本物だから)料理をうたい、偽物だった場合。

そんなことを言っていられないくらい経営が追い込まれていたということか?・・・しかし他にもやりようがあっただろうに。

お客様をダマスということが一番悪質であり、会社が潰れてでもやってはいけないことだろう。

偽装とか高級とか、そういう問題ではなく、考え方が低級。

私が釣りの時とかによく使う、民宿の料理のほうが、まだ心ある。

しかーし、いま企業はウソをつけない。

内部からSNS等ですぐに告発されてしまう。

ふざけた投稿で問題にもなっているが、ある意味ITの功罪でいえば、SNS利用の内部告発は「功」のほうだろうね。

法律で取り締まるでもなくメディアによる追求でもなく、人の心がそうさせる。

やりすぎることを警戒しつつ、健全な情報公開が世の中を変えていくよね。

バイク便のタイムボックス
受付・問合せ24時間0120-307-814又は03-3491-5588へ
バイク便社長ブログ
バイク便配車係ブログ
創業20周年キャンペーン!
タイムボックス応援サイト
バイク便ツイッター

(Comments are closed)