差別

聴覚障害の作曲家がゴーストライターを使っていた。という問題。

はたしてその音楽は良かったのだろうか?

良かったのなら、いいじゃない。大学講師が作曲した良い音楽を聴いた、買ったということで。

だいたい、メディアもよく調べもせず、テレビ特集を組んだり、レコード会社もこれで儲けたんでしょう?

道義的責任は逃れられないのでは?

広島被爆2世で聴覚障害の作曲家。金の匂いがしたはずだ。

よく差別はよくないと言うが、ハンデのある方を「かわいそう」とか思うだけで、これはもう差別である。

そういう薄っぺらな人情が金になると思った、本人はもちろんメディア報道なども同罪だろう。

パラリンピックなども、自分より速く走ったりできるから、スゲーと思うのはあるが、やはり世界一ではない。

ただ、そこにいたる訓練や克服する精神力は尊敬に値する。

だまされた、とワーワー騒ぐのではなく、真贋を見抜けなかった己を恥じるべきではないのかな。

(Comments are closed)