斎藤佑樹のあの言葉

斎藤佑樹のあの言葉を言わなきゃよかった。

と自らもらしたそうだが・・・その通り。何事も調子にのったらろくなことはない。

単独で戦う勝負事ならまだいいが、チーム組織で戦う勝負事は内部外部で様々な思惑があり、単純ではない。

あの時、みんなが打ってくれたから勝負に勝てた。感謝している。が正しいコメント。

野球のピッチャーはあくまでディフェンスの一人であり、どんなに優秀なピッチャーだとしても、まわりが打たなければ最高でも0-0の引き分け。

一人では勝てないわけだ。

あの発言の瞬間、将来のプロ野球界のすべての選手を敵にまわした。

また、一回だけでなく何度も戦うチーム組織同志の勝負は勝ち方も工夫がいる。

相手と格段の力差があったとしても、相手を完膚なきまで打ち負かすような勝ち方はアホのやることだ。

まず、相手のプライドを傷つけ根に持たれる。恨まれるわけだ。憎しみというパワーを相手に与える。

第二に、その力差を次回の目標に設定され、次回戦う時に相手が伸びてくる可能性がある。

だから、少しだけ勝てばいい。少しだけ相手より上回っているように見せかけ、やっと勝てた。でいいわけだ。

次回もそうする。

相手は惜しかった、もう少しだったと考え、プライドも保持される。

勝負事は負けてはダメだ。しかし、勝ちも大勝などせず、敗者に配慮した勝ち方は次に活かされる。

そう思いますね。

(Comments are closed)