AI元年か

いまだAIとはなんぞや?よくわかっていない私ですが、調べてみると人によりAIの範囲、定義は様々。

人間以外で記録させ、それを活用するのがAIだとするとパソコン開発初期からAIを利用していたことになる。ここが最大広義だとすると、そこからもろもろあり、わけのわからないブラックボックス(ロジック不明)を通過して出た答えがAIという人もいる。

しかし、、、、たとえば人事の査定で解説なしで評価されることに誰が納得いくだろうか。

自動運転車の事故の時、原因不明とか、誰の責任となるのだろうか。

AIは人工知能だが、目指すは人間?それとも神?

上記の例は神様AI様となり、AI様がそう言うんだから仕方ない。みたいな宗教が必要になりますね。

また、人間を目指すなら人間は欠陥がある。AIが目指すべき人間と同じになったら、やはり戦争したり欲望に駆られて悪事を働く危険性がある。

AIに関係する映画も多数ありますが、たいがいろくな結末にならない。仕事を奪われるとか、そういうこと抜きに本能的に「こりゃやばそうだ」と感じるのは私だけでしょうか。

そうはいっても、もう矢は放たれている。今年あたりからAI活用したビジネスモデルが大量に世に出ることと思われます。

私どもも、新しいシステム開発に着手しておりますが、顧客第一の観点からするとAI導入は避けられない。いや、むしろ意欲的に前向きに開発していると言っていいでしょう。ただし、儲けるためだけでなく、お客様と働く人のため。ここだけは押さえておきたいところですね。

バイク便のタイムボックス
受付・問合せ24時間0120-307-814
社長ブログ
配車係ブログ
バイク便求人情報
タイムボックス応援サイト
カーゴ便軽貨物運送
ツイッター

バイク便・カーゴ便20社の一斉見積もり日本急送

バイク便・カーゴ便20社の求人募集日本急送

(Comments are closed)