検体配送メディカル輸送は日本急送に!

日本急送ではコロナ検体、カテゴリーB、処方箋薬などメディカル輸送全般を24時間365日承ります。

コロナ感染症の拡大防止と収束に日本最大のネットワークを誇る日本急送がサポートいたします。

日本急送株式会社

https://www.nihon-kyuso.co.jp/

東京都中央区日本橋箱崎町1-7

0120-24-8815

減点方式から加点方式の世の中に

若者が真面目過ぎる。

もっとバカをしていい。もっと反体制、もっと緩く、もっと飛び跳ねていい。

そういうことを許容する世の中であるべきだ。

大人の言うことなど聞かなくてよいのだな。

価値観を押し付け、おとなしい子が褒められる世の中はうすら寒い。

大人も子供も本質は変わらない。大人は子供よりずるいだけ。

何よりも行動することを評価して、成功失敗は問わない。

たくさん失敗したほうが強い人間になるってものよ。

うちの会社にも多くの若者が働いているが、何かしら夢を持って東京に出てきていると思う。そういう夢をすべて叶えられるとは限らないが、すくなくともそれを踏み潰すような場所であってはならない。いつもそんなことを考えています。

一部暴論と非難されることを覚悟の上言わせてもらえば、生き物は誰でもいつか死ぬ(減点)。だけど、生まれてくればなんとかなる(加点)。

コロナで死ぬ人数も問題だが、それより新しい命が生まれてこないほうがはるかに問題だと思います。日本にとって。

バイク便のタイムボックス
受付・問合せ24時間0120-307-814
社長ブログ
配車係ブログ
カーゴ便軽貨物運送
バイク便フリーラン
日本急送
バイク便スクイーズ
バイク便トレンドエクスプレス

バイク便・カーゴ便30社の一斉見積もり日本急送
バイク便・カーゴ便30社の求人募集日本急送

総額100万円!ビッグサマーバイク便クオカードキャンペーン!キターーーー!!

外出自粛中・・・

給付金はしっかりもらいましょう

なぜなら、お金をただでくれる人、国はありませんよ。

必ず後で税金で回収します。

そういうお金が必要ない人でも、もらっておき、後で税金のたしにしましょう。

それも必要ないなら、もらっておき、有効活用してくれる慈善団体に寄付しましょう。

少なくとも現政府が使うよりはまし。

ただし寄付先は丸投げしないところね。

前を向いて上を向いて歩こう

まー坂本九の歌詞じゃないが、文句ばかり言っていてもしょうがない。

花火は悪病退散の祈りもあったそうだが、なるほど、全員が上を向く。

起きたことにくよくよせず、前を向く、上を向くことは大事なことだ。

常緑樹が落葉樹と区別できるようになるのは、冬になってからだ

論語の一節だが、このコロナ騒動。考えさせられることが多い。

将来不安から人の心が荒廃し、普段よりも人を傷つける言動や行動が多くなる。

そういう事件も多くなっている。

普通季節は緩やかに推移する。

それが桜が咲いたと思ったら、いきなり日本全国に5mくらいの雪が積もったようなものだ。身動きが取れない。

経営者はいきなり売り上げがバッサリ何割もカットされた。

こんなことは私も30年やってきて初めて。

こんなもんは企業努力も経営努力もへったくれもあったものではない。どうにもならない。ある種の開き直りで対処するしかない。

長い間生きていると、とんでもないことが起きるものだが、今回のコロナもとんでもないことの一つ。

しかし、そんな中でも、他人を攻撃したり身勝手な行動は「落葉樹」だ。

自戒を込めてそう思う。

あと、子供の成長に与える影響。

大人がこれだけ怖い怖いと言っていては、子供はもっと怖がっている。

意味もなく他人と接触することを嫌がったり差別するようにならぬよう、配慮する必要がある。

大人は感染防止と経済対策にのめりこんでいるが、子供の教育上どこまでやれるか?そういう視点が必要ですな。

小豆島のそうめん

うーーむ・・・そろそろだな。

小豆島のそうめんの季節。

私の母の故郷が小豆島ということで、小さいころから小豆島のそうめんには慣れ親しんできた。どっぷりと。

毎年、夏前くらいから早くそうめんが食べたいと、落ち着かなくなるのだ。

そうめんは。。。のどが喜ぶ。

味がうまいとか、そういう問題ではないですな。

良質の小麦にのどが喜ぶというか、、、冷たいそうめんがのどを通過するときの極上の喜び。私はミョウガとか生姜とか薬味をたくさん使います。

よかったらどうぞ

https://www.rakuten.ne.jp/gold/oliveisland/soumen/

権力は腐敗する

もし本当に黒川検事長が検事総長になっていたとしたら、どうだったのだろうか。

恐ろしい未来だった。

まるで漫画のような話。水谷豊のドラマ相棒に出てきそうな話。

そういうことが現実に起こっているとは・・・

権力を持つものは最初は清き野心のもと仕事をするのだろうが、時間の経過がそれを変質させる。権力を維持するために権力を使うようになるのだ。

総理大臣の任期は4年の一回こっきり。これを絶対に変えられない不変の法律とすべき。

総理大臣になりたいものは4年で何ができるか、計画し、密度の濃い政治をおこなえばいい。絶対に延長はない。

こうしなければ、同じようなことが繰り返されるだろう。

阿部さん。トランプさんに感化されたか。

ビジネスの世界では勝つために相手を陥れたり、相手を非難したりもあるが、だからと言って自分自身は何も変わらない。相対的に上に立とうとする、あまり良い手段とは言えないわけだ。

本来、自分を鍛え上げ、結果として相手(ライバル)より上に行けばいいだけであろう。相手のことをワーワー言っているだけの人間は自分の修練をめんどくさがって楽をしようとする者。口先だけ達者でも仕方ない。

また、時の為政者のご都合で法律解釈を変えたり、法律そのものを変えてしまっては、法律の専門家には申し訳ないが、法律そのものを守る価値があるのだろうか。何の意味があるのだろうか。

国民は怒るべきだ。これを見逃していては国家の危機だ。コロナより恐ろしいですよ。

あと、麻雀は1000点100円なら賭博罪にならないらしい。

それなら、そのように法律改正していただきたい。

しっかり明文化しないのなら、その法律そのものが信ずるに値しないものとなりますよ。

体の強い配送員

私の会社の配送員ではない。ということを言ったうえで、私は強靭な配送員を知っている。

トイレの大でも手を洗わず、おにぎりをむしゃむしゃ食べる配送員。

まるで原始人だな。

それを聞いた時は驚いたが、そういう輩が何人もいた。

そいつらが、まーた笑っちゃうほど体が丈夫。カゼやインフルにまずかからない。

バイク便配送員は風雨にさらされ、暑い寒いの温度変化も半端ではない。

体が丈夫でなくては務まらないという見方と、働いていくうちに強くなる、という見方もある。

さて、スポーツ選手ですらコロナに感染したわけだが、いったいどのような人がウイルスに強くて、生き延びる力があるのか?

この感染騒ぎが収まったらじっくり検証してみるべきだろう。

医薬品に頼るのもいいが、実は本当の勝負は人間を鍛えることではないか?

対ウイルスという意味で鍛えること。

軽症で済んだ人。重症化した人。しっかり科学的に研究してもらい、次の対策に活かしていただきたい。