常緑樹が落葉樹と区別できるようになるのは、冬になってからだ

論語の一節だが、このコロナ騒動。考えさせられることが多い。

将来不安から人の心が荒廃し、普段よりも人を傷つける言動や行動が多くなる。

そういう事件も多くなっている。

普通季節は緩やかに推移する。

それが桜が咲いたと思ったら、いきなり日本全国に5mくらいの雪が積もったようなものだ。身動きが取れない。

経営者はいきなり売り上げがバッサリ何割もカットされた。

こんなことは私も30年やってきて初めて。

こんなもんは企業努力も経営努力もへったくれもあったものではない。どうにもならない。ある種の開き直りで対処するしかない。

長い間生きていると、とんでもないことが起きるものだが、今回のコロナもとんでもないことの一つ。

しかし、そんな中でも、他人を攻撃したり身勝手な行動は「落葉樹」だ。

自戒を込めてそう思う。

あと、子供の成長に与える影響。

大人がこれだけ怖い怖いと言っていては、子供はもっと怖がっている。

意味もなく他人と接触することを嫌がったり差別するようにならぬよう、配慮する必要がある。

大人は感染防止と経済対策にのめりこんでいるが、子供の教育上どこまでやれるか?そういう視点が必要ですな。

小豆島のそうめん

うーーむ・・・そろそろだな。

小豆島のそうめんの季節。

私の母の故郷が小豆島ということで、小さいころから小豆島のそうめんには慣れ親しんできた。どっぷりと。

毎年、夏前くらいから早くそうめんが食べたいと、落ち着かなくなるのだ。

そうめんは。。。のどが喜ぶ。

味がうまいとか、そういう問題ではないですな。

良質の小麦にのどが喜ぶというか、、、冷たいそうめんがのどを通過するときの極上の喜び。私はミョウガとか生姜とか薬味をたくさん使います。

よかったらどうぞ

https://www.rakuten.ne.jp/gold/oliveisland/soumen/

権力は腐敗する

もし本当に黒川検事長が検事総長になっていたとしたら、どうだったのだろうか。

恐ろしい未来だった。

まるで漫画のような話。水谷豊のドラマ相棒に出てきそうな話。

そういうことが現実に起こっているとは・・・

権力を持つものは最初は清き野心のもと仕事をするのだろうが、時間の経過がそれを変質させる。権力を維持するために権力を使うようになるのだ。

総理大臣の任期は4年の一回こっきり。これを絶対に変えられない不変の法律とすべき。

総理大臣になりたいものは4年で何ができるか、計画し、密度の濃い政治をおこなえばいい。絶対に延長はない。

こうしなければ、同じようなことが繰り返されるだろう。

阿部さん。トランプさんに感化されたか。

ビジネスの世界では勝つために相手を陥れたり、相手を非難したりもあるが、だからと言って自分自身は何も変わらない。相対的に上に立とうとする、あまり良い手段とは言えないわけだ。

本来、自分を鍛え上げ、結果として相手(ライバル)より上に行けばいいだけであろう。相手のことをワーワー言っているだけの人間は自分の修練をめんどくさがって楽をしようとする者。口先だけ達者でも仕方ない。

また、時の為政者のご都合で法律解釈を変えたり、法律そのものを変えてしまっては、法律の専門家には申し訳ないが、法律そのものを守る価値があるのだろうか。何の意味があるのだろうか。

国民は怒るべきだ。これを見逃していては国家の危機だ。コロナより恐ろしいですよ。

あと、麻雀は1000点100円なら賭博罪にならないらしい。

それなら、そのように法律改正していただきたい。

しっかり明文化しないのなら、その法律そのものが信ずるに値しないものとなりますよ。

体の強い配送員

私の会社の配送員ではない。ということを言ったうえで、私は強靭な配送員を知っている。

トイレの大でも手を洗わず、おにぎりをむしゃむしゃ食べる配送員。

まるで原始人だな。

それを聞いた時は驚いたが、そういう輩が何人もいた。

そいつらが、まーた笑っちゃうほど体が丈夫。カゼやインフルにまずかからない。

バイク便配送員は風雨にさらされ、暑い寒いの温度変化も半端ではない。

体が丈夫でなくては務まらないという見方と、働いていくうちに強くなる、という見方もある。

さて、スポーツ選手ですらコロナに感染したわけだが、いったいどのような人がウイルスに強くて、生き延びる力があるのか?

この感染騒ぎが収まったらじっくり検証してみるべきだろう。

医薬品に頼るのもいいが、実は本当の勝負は人間を鍛えることではないか?

対ウイルスという意味で鍛えること。

軽症で済んだ人。重症化した人。しっかり科学的に研究してもらい、次の対策に活かしていただきたい。

人と人の距離

誰も言わないからあえて言うが、挨拶代わりにハグしたりチュッチュとする国の感染拡大が一気に進んだことは間違いないだろう。

日本にはそういった習慣がないので感染拡大が少なく、ゆっくりだったことは明らか。だが、文化習慣の違いは今更変えられない。また、その結果から被害を受けるのはその国のことなので指摘していないだけであろう。

さて、コロナ騒動明けの世の中はどうなるか?よく行くコメダの店内座席の写真をパチリ。

座席一つおきに使用禁止にしている。現状とれる対策としては仕方なしか。

しかし、今後新たな店舗を作るときは、最初からこのくらいの間隔を空けた設計になることは容易に想像できる。

私は常に車で移動している。一人で車移動するのは贅沢だとか、みんなが我慢しているのにとか散々言われてきたが、日本の電車の混雑は異常だ。我慢の限界を超えている。別に感染を避けてのことではなかったが、それを異常だと思うことが正常だと考えている。

極論人間は増えすぎた。

動物(人間も動物だ)は普通テリトリー(縄張り)がある。

食べ物の量、繁殖の成功などで本来、個体あたりどのくらいのエリアが必要か?数値は決まっているだろう。

人間は賢い(それが仇となった面もある)ので、効率を重視し、満員電車で人を運び、食べ物を大量生産する方法を考えた。

しかし、本来個体に必要なテリトリースペースを削って密集するのは間違っている。ということか。

ストレスから戦争したり、疫病の蔓延で必ず人減らしの事変が起きる。自然現象と言えるかも。

感染防止の視点でソーシャルディスタンスなる言葉も出たが、もう少し踏み込んで、快適な距離、安心できる距離とか、動物としてのテリトリーという視点で距離を考える必要もあろう。

今後、コーヒーは値上がりする。それを払える生産性の向上が求められる。

しかし、効率や利益を重視しては本末転倒となる。

今までとは違った構造で生産性を上げないと。新たな項目追加ですな。

コロナ検体配送はバイク便日本急送に!

様々な意見があろうとは思いますが

世の中大変なことになっているわけだが、これがウイルス対人間の戦争だと言うなら、自宅に引きこもり、嵐が過ぎ去るのを待つということが最善の策だと主張するのは人間の敗北を意味する。

人の命が大切なことはわかる。が人間は死なないが経済が死ぬ。

一か月の自粛要請の目的は過激に増える感染者数の抑え込みであり、ウイルスに勝利することではない。時間稼ぎ。もし、国内に感染者数(治療中)がゼロになったところで、国外から入ってくれば、また戦いが始まる。

結局、治療薬ができるまでは勝利はなく、共存することを前提に行動するしかない。

いろんな仕事、商売・サービスとそれを受ける人の両方が感染拡大を助長しないよう、適切な知識、感染防止方法を身に着け、それをおこないながら生活をすることが必要だろう。

たぶん準備中だとは思いますが、いったいどのように生活すればいいか?早急に国民に提示していただきたい。

処方箋薬緊急配送は日本急送に!

テレワークや自宅待機にお買い物便!

お客様の代わりにお買い物してきます!弊社グループのフリーランお買い物便サービス。

バイク便のプロが対応するので大変早いです。24時間営業。東京関東まで真心こめてお届けします。代わりに買い物をしてきます。費用も立替可能。1時間可。薬局、コンビニ、食品、レストラン何でもOK。

https://www.freerun.co.jp/service/shopping.htm

フリーランのお買い物便

(受付・問い合わせ) 0120-66-1345

処方箋薬をバイク便で配送します

今回の騒動に関連して、処方箋薬の取り扱い方法に規制緩和措置が取られました。

https://secure.nippon-pa.org/mail/img/20200228.pdf

お客様では、お医者様と連絡を取っていただき、事情のご説明をお願いします。

弊社では

お客様(保険証、お薬手帳)の預かり→処方箋薬局でお薬を代理購入→お客様へお届けする

この行程を担当いたします。

お気軽にご相談ください。

バイク便のタイムボックス
受付・問合せ24時間0120-307-814
社長ブログ
配車係ブログ
タイムボックス応援サイト
カーゴ便軽貨物運送
バイク便フリーラン

バイク便・カーゴ便20社の一斉見積もり日本急送

バイク便・カーゴ便20社の求人募集日本急送